June 10, 2006

You達、森へ帰ったはずでは・・・。

中区と東区の境あたりで、偶然遭遇。
森へ帰ったわけではなかったんだね。

060610-1.jpg

060610-2.jpg

060610-3.jpg

けっこう暑い日でしたけど、動きのいいキッコロさんと山の如く動かないモリゾーさんでした。
見た目はすっごいかわいらしいですけど、中はきっと大変なんでしょうね。
ぃゃぃゃ、ホントおつかれさまです。

まだまだ人気者なんですね。
元気そうでよかったよ。
ところで、いつまで引っぱりますかね ?

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 12:10 AM | コメント (0)

March 22, 2006

カンガルーを                       食べちゃった !!

未だに万博ネタを引っぱり続けるマスコミなどをみて、「なんだかなぁー」とか思っていたのですが、つい出来心で、乗っかっちゃいました。
名古屋のデパート「丸栄」では今、「万博アニバーサリーフェア」というイベントが開催されているのです。
簡単に言うと、全国物産展の海外版見たいなイベントなんですが、そこで、買っちゃいました。
カンガルーバーガー

060322-4.jpg

万博会場では、どのパビリオンも大変な混雑だったので外国館の料理とかを一つも食べることが出来なかったので、このチャンスを利用して何か外国の料理を食べようかなと出かけていったのですが、なかなか食べたいと思うものがなかったので、おもわずカンガルーを・・・。

味の方は、カンガルーと言われなければわからないです。
かなり、ジューシーなお肉でした。
変なくせや匂いもないので、けっこうオイシク食べれてしまいます・・・。
美味しかったのですが、ちょっと複雑な心境です。
カンガルーには悪いけど、コアラだったら食べなかったよ、絶対。
(コアラ料理というものがあるそうですよ、真偽は不明ですが)

3/27まで、開催しているようです。
他の国の料理や物品販売など、いろいろありますので、この機会にぜひ。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 01:50 AM | コメント (0)

「ささしまサテライト会場」 跡地

すごく久しぶりに、万博関連ネタです。

060322-1.jpg

先日、映画の前売りチケットを買うために、「ラ・バーモ ささしま」に行ってきました。
なんでわざわざ「109シネマズ」まで出かけて行った理由は、コレです。

060322-2.jpg

先着1万名様限定 “トリックな御お言葉シール”
なんとなく面白そうな感じだったので、とりあえずゲットしてみました。

久しぶりに「ささしまサテライト会場」の跡地に行って感じたのですが、人いないですね。
「ラ・バーモ ささしま」の中には、いろいろな飲食店がありますが、どの店も閑散としていました。
夕方になれば、Zeppのお客さんとかで、それなりに込むと思うのですが、昼間はダメみたいですね。

060322-3.jpg

現在は、木下大サーカスの名古屋公演が行われていますが、その後の計画があまり報道されないので、どうなっているのだろうと思っていたのですが、読売新聞にこんな記事がでてました。

「国際交流」「居住」など4ゾーン 「ささしま」跡地利用合意 市と所有者 読売新聞

記事を読むと、基本プランのような物はあるようですが、具体的には決まっていないようです。
商業施設とかホテルの誘致を検討しているようですけど。
どうせやるなら、思い切ったことをやって欲しいですね。
かつて、名古屋に店舗を構えていたこともあったという百貨店Dを誘致するとか、大手家電量販店Yを誘致するとかすると、地域が活性化されていいですよ、たぶん。
名古屋駅前や栄は、大きな商業施設や大手ホテルが進出したくなるような場所は皆無ですが、ささしまエリアなら、可能性があると思うのですが、どうでしょう ?
中途半端なハコモノ的なものを作って終わりというのだけは、やめてくださいね。
どうせやるなら、東京の再開発事業のように、エリア全体を一体化した再開発を行って欲しいものです。

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 12:54 AM | コメント (4)

September 17, 2005

ルイヴィトン-塩のモノグラム

閉幕が近い、「愛・地球博」に行ってきました。
新聞やテレビで混雑の様子が報道されているのを見て、行くのがめんどくさくなっていたのですが、フランス館だけはどうしても見たかったので覚悟を決めていってきました。

どうしても見たかったものは、ルイヴィトンの「塩のモノグラム」

050917-1.jpg

さすがにラグジュアリーブランドだけあって、美しい仕上がりになっています。
実際に塩で出来たモノグラムを触ってみたのですが、とても塩で作られているとは思えない滑らかな手触りでした。
フランス・パビリオンの展示概要をみると、テーマは「持続可能な開発」。
万博のテーマに一番忠実なパビリオンといっても過言ではないでしょう。(塩のモノグラムは、海に返すことも可能だそうです)
ルイ・ヴィトン、高感度UP !!
かなり好きになった。(買えないけど)
だけど、入場者の注目は集まっていなかったよ。(不思議だね)
フランス館のマイナスポイントを強いてあげるとすれば、アニエス・ベーが担当したというスタッフのユニホームくらいかな。
正直、あのデザインはツライネ。

それとは、対照的だったのはリトアニア館。

050917-2.jpg


ほとんど待ち時間もなく、すぐに入れたのはよかったのですが、不思議なパビリオンでした。
展示内容が、全く思い出せません。
バーカウンターとみやげ物を売っていたということしか覚えていません。
バーカウンターでビールを飲んだのがいけなかったのかな。

050917-3.jpg

確かに、ビールは美味かった。
バーカウンターのスタッフも、モデルエージェンシーから連れてきたような美人でした。(イケメンもいる)
しかし、ビール(大)一杯1200円(写真は大カップ)は、やりすぎよ。
それにしても、なんだったんだリトアニア館。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 12:38 AM | コメント (0)

September 14, 2005

「LOVE PSYCHEDELICO」が万博でライブ

「愛・地球博」グランドフィナーレでライブ決定

「愛・地球博」の最終日のイベント、グランドフィナーレ フェアウェルパーティーにデリコの出演が決定しました。
デリコは公式FM局「FM LOVEARTH」のコラボレートアーティストだったんですね。
愛知県内に住んでいるのですが、「FM LOVEARTH」が全く聞こえないので、全然知らなかったよ。
万博協会のプレスリリースによると、当日に愛・地球広場で優先観覧エリア入場整理券が配布されます。
愛・地球広場はオープンスペースなので、入場券をゲットすることができなくても、遠くから見ることはできそうです。
万博の閉幕が迫っているため、平日でもかなりの入場者がいるようなので、最終日のイベントのチケットを取るのは至難の業になりそうですね。

当日のイベントの模様は、公式FMの「FM LOVEARTH」でも生中継放送されます。
ああっ~ !!
見たい、聞きたい、ラブ・サイケデリコ !!
家のラジオを「LOVEARTH」の周波数にあわせてみると、家からスゴイ遠くにある「ZIP-FM(豊橋)」の電波が混信して全く聞こえませんでした。
豊橋は、むちゃくちゃ遠いんですが・・・。(アンテナ向きが悪いのかな ?)
「FM LOVEARTH」を聞ける人は、ぜひチェックしてみてください。
周波数は、77.3MHzです。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 12:00 AM | コメント (0)

June 02, 2005

ロンドンバスが名古屋を走る !!

bus2.jpg

万博期間中(9月25日まで)デ・ラ・ファンタジアからテレビ塔北側観光バス駐車場(東急ハンズの入っているビルのすぐ前)まで二階建てロンドンバスが運行しています。

運行している、つばめタクシーのロンドンバス紹介ページ

運賃は大人 800円で乗車時間が片道約35分と言うことなので、タクシーに乗ったと思ったら高くない値段ですね。

bus.jpg

テレビ塔北側観光バス駐車場に入っていくロンドンバスを後ろから撮った写真なのですが、その時ロンドンバスを降りた人はいませんでした。二階から見る景色は、自動車やバスに乗った時に見る景色とはだいぶ違うんだろうね。
最近は、気温が30度近くまで上がる日があるから二階の座席がオープンだったら気持ちよさそうだけど屋根が付いていますね。

運行ルートを見てみると広小路通や大津通を通っていますが、激しく渋滞しそうなルートです。
休日などは注目を浴びること必死ですね。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 11:31 PM | コメント (0)

May 18, 2005

EXPOエコマネー

ズームアップEXPO エコマネーって、いったい何!? 毎日新聞

環境がテーマの博覧会ですが、企業パビリオンばかりに注目が行ってテーマがかすみがちですが、エコマネーというものが万博会場内で出回っているそうです。
協賛スーパーでの買い物時、会場内の「エコマネー」の表示があるパビリオンや店舗で買い物時にレジ袋を断った時などにポイントがもらえます。
たまったポイントで、景品をもらったり、植林事業へのポイント寄付ができます。環境万博らしくていいね。

レジ袋つながりで、気になるニュースをもうひとつ
無料レジ袋の禁止案、ゴミ減量で環境省検討 読売新聞

「環境省はレジ袋の無料配布を規制する方針を決めた」そうです。
これは、なにげにビックニュースですよ !!
コンビになどで買い物をするときにもらうレジ袋が有料になるんですか?
コンビニに弁当を買いに行く時、袋を持っていかなくてはいけない時代になるんだね。

環境の話題になるといつもレジ袋が問題になりますが、ペットボトル、食品トレイはあまり問題視されませんね。何か事情があるのかな?

清涼飲料をファミレスのドリンクバーみたいなシステムを使ってビンの容器で量り売りすればいいと思うのですがどうでしょうか?ガラス瓶は繰り返し使えるのでいいと思うのですが。


投稿者 ミカエル・カプラノフ : 11:27 PM | コメント (0)

May 08, 2005

名古屋駅に名古屋城が登場 !!

驚き!砂糖でできた名古屋城,名駅のホテルにお目見え 中日新聞
名古屋マリオットアソシアホテルに愛・地球博開催を記念して、砂糖菓子で作った名古屋城が登場です。
天守閣だけでなく、約四百年前の築城当時のままに再現してあるようです。材料はグラニュー糖と粉糖計二百五十キロを使い、ゼラチンなどを混ぜて作ったとあるので、クリスマスケーキの上にのっているサンタクロースと同じ材料なのでしょうか?

お菓子で作った城と聞くと思い出すのが、テレビのCMでおなじみの愛知県犬山市にあるお菓子の城です。製菓工場の見学施設かと思っていたのですが、お菓子のテーマパークのようです。

お菓子の名古屋城は、名古屋マリオットアソシアホテルのロビーに展示してあるのですが、これだけを見に行ったりできる雰囲気なのでしょうか?
名古屋東急ホテルなどは、気軽に入れないオーラを出しまくってますが、名古屋マリオットアソシアホテルはどうでしょうか。

名古屋マリオットアソシアホテルは世界的ホテルチェーンのマリオットホテルのブランドをフランチャイズでアソシア(JR東海ホテルズ)が運営しています。
マリオットグループの中では、ミドルレンジ価格帯のホテルのようなので、入りやすいのかな。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 10:31 PM | コメント (0)

April 14, 2005

フランスパビリオンとルイ・ヴィトン

WWD for japan vol.1300 でフランスパビリオンについての特集記事が掲載されていました。
環境というテーマを掲げて行われている万博ですが、企業パビリオンなどは産業見本市みたいなイメージを受けてしまうのですが、ルイ・ヴィトンがフランスパビリオンに出現させた「塩の館」は少し違うようです。
展示内容は、自然と共生する創造というコンセプトで温室効果ガスの問題にフォーカスしているようです。
また、プースの外壁に塩でできたプレートを貼り付け、内側から光を当てると浮かび上がるモノグラムのフラワーモチーフをみることができます。

ルイ・ヴィトンのファンの人はもちろん、そうでない人もチェックしておきたいパビリオンのようです。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 01:02 AM | コメント (0)

March 19, 2005

お弁当 INCIDENT

中日新聞Web版万博ニュースのよると、会場に弁当の持ち込みが原則禁止されることにたいして抗議が殺到している模様です。

協会側は、食中毒対策を持ち込み禁止の最大理由にしていますが、テロ対策ではなく食中毒対策を理由にしていることを邪推すると「出店事業者保護じゃないの?」なんて考えたくなりますね。

出店リストを見ると、クイーン・アリス・アクア、なだ万、ホテルオークラ中国料理「桃花林」などじっくり食事をするような店もかなりあるようです。しかし、ファーストフードのような簡単にすぐ食事ができる店は見当たらないようです。「まあ、愛知で開催するんだしココイチ、スガキヤ、カレーデポとかないんですか?カレーデポはカツカレー420円ですよ。」

コンビニもあるようですが、お弁当は一日1000食限定だそうです。少しでも多くのパビリオンを見たいと考えている人は食事対策も練らねばなりません。

セントレア開港のパニックが、記憶に新しいだけにパニックになりそうな予感がします。ニュース映像を見るとペットボトルも持ち込み禁止みたいです。関係者しか入場できない現在でもかなりの人が没収されているようなので、一般公開の時のトラブルは必死のようです。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 02:24 AM | コメント (0)

February 23, 2005

営業中!!

050204.jpg

今月4日、名古屋駅構内にてEXPO関連書籍の営業にいそしむ、モリゾー氏キッコロ氏を発見しました。
周囲には、若い女性やカップル達が集まっていましたが、成果はビミョーだった模様
キビシー!

本日から、ゆるくスタートしました。東海エリアの地域情報などを紹介していきます。
よろしくお願いします。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : 08:36 PM | コメント (0)