« 出ましたぁ | メイン | トップショップの方が早く来るかもね ? »

November 06, 2008

名駅24街区解体工事

081106.JPG

このビルって、メルサグルメ館でしたっけ ?
移動中に偶然見かけて、ぱぱっと撮ってきたので、よく確認してないです・・・。

綺麗なビルなのになぁ。
ちょっと、もったいないような気がしないでもない。

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : November 6, 2008 11:44 PM

コメント

三菱東京UFJ銀行は4日、名古屋市中区錦2にある同行貨幣資料館を、一帯の再開発に伴い来年1月末に閉鎖し、
同市東区赤塚町の国道19号沿いにある同行所有ビルに移転させることを明らかにした。
来年4月下旬に再オープンする。
名古屋城と徳川園を結ぶ「文化のみち」の中間に位置し、古い町並みや資料館が集まる同区白壁地区に近い。
移転先は旧東海銀行赤塚支店跡のビル1階部分、約320平方メートル。
歴史関連施設の周遊ルートに入れてもらい、より多くの来館者を招き入れる狙い。
日本に3点しかない金貨、天正沢瀉(おもだか)大判など、貴重な貨幣や浮世絵など現在の所蔵・展示物約1万点も、そのまま移す。
同行は今年3月、現在の資料館が入るビルなどの一帯、約3900平方メートルを、オフィス・商業の複合ビル建設を計画する三菱地所に売却した。
資料館は1980年から別の場所で一般公開を始め、これまでに60万人の来館者があった。
現在の建物には2002年から入居。
建物は1926年建築で、市の都市景観重要建築物に指定されており、三菱地所が建物の保存などで市と協議している。

投稿者 三菱UFJ、貨幣資料館を移転 来年4月 名古屋・東区へ : November 7, 2008 02:50 PM

こんにちは。

あの辺りも再開発されるんですね。
貨幣資料館の建物がどういう風に保存されるのか、気になりますね。

投稿者 ミカエル : November 7, 2008 11:25 PM