« 今池「エフワン」事業停止 | メイン | 広小路パークビル »

August 22, 2006

東欧系コスメブランド、名古屋初上陸 !!

BOTANICUS 名古屋LACHIC店 9/15 OPEN !!

060822.jpg

北欧は雑貨や家具がブームになったり、SAAB、VOLVO、NOKIA、ERICSSONなどのブランドが有名ですが、東欧と言われると・・・?
思い出すのは、ウィーン少年少女合唱団やトラバント(旧東ドイツの車)ぐらいしかパッと思い出せません。
ヨーロッパの中では、印象点が低いエリアですね。
そんな東欧から、植物性ナチュラル化粧品ブランドが、この秋名古屋に上陸しますよ。

登場するのは、BOTANICUS(ボタニクス)
スキンケア、化粧品、ソープ、シャンプー、バスオイル、アロマオイル、アロマキャンドルなどを作っているブランドのようです。
プラハにある自社農園で採れた植物から製品を作っているということなので、環境や健康にもよさそうですね。
ロハスブームなんかの影響で、環境や健康対して関心が高まっているので、これはいいかもしれないですね。

商品名が、かなり興味をそそります。
「バナナ&ヨーグルトソープ」「死海の泥ソープ」「ピーチ&アプリコットソープ」など。
ちょっとこれは、一度試したくなるようなネーミングですね。
死海の泥なんて、すごく肌によさそう・・・。
早く試してみたいかも ?

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : August 22, 2006 01:47 AM

コメント

大津通りで新しい店が続々とオープンしていますが、パン屋のコルクが撤退した事が残念です。
私が主に買い物をするのは、デパートです。
ジーパンはドゥニームですが・・・
イタリアンはA、中華はB、日本料理はC、フレンチはD・・・決まった店しか行かないです。
ニューOPENの店も行きましたが、見せ掛けだけでコストパフォーマンスがダメです。

投稿者 伏見生まれ : August 22, 2006 10:22 AM

こんにちは。

テレビや紙媒体で派手に取り上げられていたり
しても、あれってことがよくあるので、お店選びは
難しいですね。
新しいお店をチェックするのも、まぁそれはそれ
で楽しいんですけどね。

投稿者 ミカエル : August 23, 2006 01:47 AM

東欧はヨーロッパ東部の地域を指すと同時に
1989年頃まではヨーロッパの共産主義圏を指して「東欧」と呼んでいたため、
単純に金がなく、こうしたファッションなどの文化が
事実上なかったのですね。

東欧の中でもチェコは躍進目覚ましく、
旧共産圏出身の中では優等生と言えるとおもいます。
最もアメリカナイズされたため
こうしたブランドも出てきたのだと思います。

ちなみに、ウィーンのあるオーストリアは東欧ではないですよね。w
東欧でかろうじて日本人になじみがあるのは
ブルガリアヨーグルト、ルーマニアのコマネチ、
くらいかもしれませんね。

投稿者 トム・フォード : August 25, 2006 09:16 AM

トム・フォードさん、こんにちは。

東欧ツアーにオーストリアが組み込まれていたりする
ので、東欧かと思ったのですが、オーストリアは中欧
なんですね。

投稿者 ミカエル : August 25, 2006 07:23 PM