« 女性向けコンビニ(前編) | メイン | 「モード学園スパイラルタワーズ」を定点観測 33回目 »

August 11, 2006

女性向けコンビニ(後編)

サークルKサンクス、女性向けの新型店 日経プレスリリース

えーっと、昨日のつづきです。
サークルKサンクスは、「女性向けに独自の弁当類などをしっかりと作った上で、女性向けコンビニの展開を始めたい」と言っているそうです。
女性向けの弁当というのは、サークルKサンクスが展開する新しいお弁当「THINK BODY」のことですね、きっと。

THINK BODYプロジェクトというのは、あまり健康的なイメージのなかったコンビニのお弁当のイメージ変えて、5大栄養素をバランスよく摂取できるお弁当を発売したり、健康なカラダをつくる運動を取り入れたライフサイクルを多角的に提案し、康的なライフサイクルをプロデュースするプロジェクトのようです。

健康的な食生活というと、無農薬、減農薬、有機栽培、食品添加物不使用、無化調などがイメージされますよね。
じゃぁ、「THINK BODY」はどうなんだろうという事で調べてみると、食品添加物が普通に使われているんですよね、やっぱり。
買ってみたお弁当に貼られていたラベルには、ph調整剤、グリシン、ソルビット、リン酸塩、豆腐用凝固剤、水酸化カルシウム、カラメル色素という食品添加物が使われていると表示されていました。
まぁ、コンビニのお弁当などに食品添加物が使われるのはしょうがない感じがするのですが、こういうのを見ると、ちょっと怖くなりますね。

最近、オーガニックカフェとかが増えていますが、どうなんでしょう。
健康志向のコンビニ弁当というのは。
うまくいくのでしょうか。
健康にちょっとだけ気を使いたい、ライト感じの人をどれだけ取り込めるかがポイントになるのかなぁ ?

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : August 11, 2006 12:50 AM

コメント