« フラボア、 2店目 | メイン | 女性向けコンビニ(後編) »

August 10, 2006

女性向けコンビニ(前編)

ちょっと前のニュースなんですが、こんなのがありました。

サークルKサンクス、女性向けの新型店 日経プレスリリース

サークルKサンクスの土方清社長は3日、女性向けと高齢者向けの新型コンビニエンスストアを出店する方針を明らかにした。女性向けコンビニは8月までに都市部のオフィス街に1号店を出店する。高齢者向けは年内に出店を始め、住宅地を中心に店舗数を増やす。

オフィス街に女性をメインターゲットとしたコンビニを出店するということですが、こんなコンビニ前にもどこかにあったよーな気がしたので調べてみるとありましたよ、名駅に女性向けのコンビニが。

060810.jpg

Scoco(エスココ)名駅店。
公式サイトなどの情報によると、メニュー・品揃えにとどまらず、店舗内外装・制服・ショッピング袋などすべて女性だけの開発チームで考えた女性向けコンビニエンスストア。
化粧品売り場は通常の3倍、しかし、男性向けの雑誌や男性向けの商品は置かないというかなり思い切った戦略をとったコンビニだったようです。

オープンしたのは2001年。
けっこう前ですね。
はたして、女性に特化したコンビニというのはビジネス的にどうなの ?
ということで、Scoco名駅店へ行って来ましたよ。

とりあえず、客層をチェックしてみようということで、しばらく道路の反対側でウォッチ。
外観は女の子を意識したようなピンクを使っているのですが、オフィス街なので男性客もかなり多い様子。(比率的には同じくらい)
中に入ってみると、スポーツ新聞発見。(なんかふつう)
雑誌売り場を見てみると、スペースは少ないものの男性誌もありました。(グラビアとかもありそうな雑誌)
そして、お弁当売り場へ向かったのですが、かなり種類が豊富。
おにぎり、お弁当、パン、惣菜など、すごかったです。
あそこまでお弁当類が充実しているコンビニは、なかなかないでしょうね。
でも、ボリュームのあるものもけっこうありましたよ。
おっきな、ばくだんおにぎりとか、揚げ物とか、いろいろと。
うーん、オフィスの多い場所にお店があるので、極端に女性向けの店舗というのは、難しいのかもしれないですね。

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : August 10, 2006 01:48 AM

コメント