« コナコーヒー | メイン | 「モード学園スパイラルタワーズ」を定点観測 22回目 »

May 27, 2006

QK

060527.jpg

イオンナゴヤドーム前SCにできた、ヴィレッジヴァンガードの新業態「QK」をチェックです。
以前、日経で報道ウェブ魚拓のキャッシュ)された時からずっと気になっていたのですが、ようやく行くことができました。

日経の記事によると、こんな感じのお店
既存店のサブカルチャー色を抜き、ファミリー層に特化
子供向けの絵本や童話、母親向けの育児書などの書籍と、キャラクター玩具やチーク玩具などの雑貨を組み合わせた売り場
音楽CDやDVDなども販売

SCの店舗ということで、既存店のような若者向けの店舗ではなく、ファミリー層をターゲットとした店舗ということみたいですが、実際に見た印象としては、「ヴィレッジヴァンガード」とそんなに変わらないかなという感じ。
たしかに、栄の「ヴィレッジヴァンガード」のような大きな店舗とはアイテム数やお店の印象などが違うんですけど、どこかでみた様な印象。
大雑把に言うと、「ヴィレッジヴァンガード」の一部を切り抜いたとでも言えばいいでしょうか。
そんなに新鮮味は感じませんでした。

サブカルチャー色を抜いたということですが、「ベイビーホルガ」やおしゃれ系写真雑誌が置いてあったりするなど、サブカルっぽさは健在。
そして、狭い店内に「おもちゃ」や「ぬいぐるみ」がたくさん置かれているので、親子でゆっくり買い物するにはかなり厳しい印象。
一応、母親向けの育児書や子供向けの絵本もありましたが、数的には寂しいものがありましたね。
う~ん、「ヴィレッジヴァンガード」の色が濃く出ているお店でした。
「ヴィレヴァン」の子供バージョンという感じですね。
本格的に絵本を探したい時は「メルヘンハウス」や「えほんのエトワール」のような専門店がいいようですね。

人気blogランキングへ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : May 27, 2006 01:27 AM

コメント