« マリリン・マンソンのオリジナルブランドが、来年デビュー | メイン | モノコムサ × キティ = パリス・ヒルトン »

October 19, 2005

流行するポップアート展

名古屋市美術館で開催されている、流行するポップアート展に行って来ました。

051019-1.jpg

ポップアートって、けっこう幅広いですね。
漠然と、ウォーホルのような作品が多いのかと思っていたのですが、いろいろな作風のものがありました。
ポップアートの概念とは、いったい何なんだろうと思ったので、調べてみました。
Yahoo!辞書によると、「漫画・ポスターなどマスメディアに登場する図像を素材に取り入れた前衛美術」ということ、らしいです。
今回展示されている作品は、この説明の枠を出ている感じでしたけどね。

やっぱり、ウォーホルよかったです。
メル・ラモスのヴィルナバーガーもよかった、すごく気に入ったので、ポストカード買いました。

051019-2.jpg

こういう感じの作品は、いいですね。
ザ・ポップアートって感じです。

「流行するポップアート展」、最後の最後にすごい作品がありますから、要チェックですよ。
すごい。
あんな作品も、あるんですねぇ。

常設企画展の、「もうひとつのポップアート展」も必見です。
レッド・グルームスさんの作品は、今池の街が舞台になっていますよ。

開催期間は、9月10日[土]-10月30日[日]
名古屋市美術館

投稿者 ミカエル・カプラノフ : October 19, 2005 12:54 AM

コメント