« ユニクロ、拡大中 !! | メイン | パステルに変身 »

September 12, 2005

バナナリパブリック、日本向け商品を展開

北米以外の地域に初出店したバナナリパブリック
9/1にオープンしたプランタン銀座を皮切りに、六本木ヒルズ店などがオープンして話題沸騰中です。

バナナリパブリックはアメリカンのGAPインターナショナルのブランドですが、日本市場参入にあたり日本人の体型などを研究していたようです。
外資系のSPAの商品は、サイズが合うものが少ないという話をよく聞きますが、バナリパはそういった点の心配はないようですね。
日本繊維新聞の報道によると、商品の35~45%が日本企画で、日本向けの商品は素材を変えて上質感を出しているそうです。

バナリパが出店場所に選んだ場所が、ちょっと高級感のある場所なのも全て戦略。
什器や内装も、本国より高級志向にしているということですので、徹底したイメージ戦略ですね。
GAPの社長も、「日本人は付加価値に反応してくれる」と日本市場を分析しているようですが、まんまとバナリパの戦略にはまっている予感。

すこし高級志向で展開するという事は、急激に出店数を増やすということはおそらくないでしょうね。
地方でバナリパを手に入れるには、インポートショップなどを回って探すしかないようですね。
名古屋の大須にもバナリパを売っているショップがありましたよ。

050912.jpg

bristyという名前のショップのようです。
場所は、このへん。(マピオンの地図にリンク)

アバークロンビー&フィッチも日本法人ができたし、面白くなってきましたね。


投稿者 ミカエル・カプラノフ : September 12, 2005 12:34 AM

コメント