« 白昼の名古屋駅で、なぞの混乱 !! | メイン | ヒステリックグラマー、名古屋初の路面店をオープン »

August 18, 2005

ザ・コンランショップ 名古屋店の工事の様子を定点観測(8月第3週)

今週の工事の様子は、こんな感じでした。

050518-1.jpg

全体をカバーで覆っているため、外側からは工事の進み具合は分かりません。
建物の様子は、先週とあまり変化はありませんでした。
これからも、週一のペースでウォッチしていきます。

名古屋市内では、コンランショップの建設も含め新しい建物があちこちで建設されていますが、パルコの東館と西館の間にあった老舗のそば屋「やぶ」の土地を破格の値段で落札したE-Times Technologies Co.,Ltd(イータイムステクノロジーズ)が商業施設を建設するという場所を見てきました。
パルコの東館と西館の間に、商業施設が建設されるというニュースは、メディアでほとんど報道されなかったので、当時報道した中日新聞の記事の一部を引用します。

2005/6/21 中日新聞
                 --引用開始--
名古屋で百年の歴史がある老舗そば店「やぶ」が名古屋市中区栄パルコ裏にある本店を閉め、売却のため土地(約四百六十六平方メートル)を入札にかけた結果、外資系企業が路線価の約二倍の約十五億円で落札したことが分かった。店は八月にも取り壊され、跡地には商業ビルが建つ。

テクノロジーズの中尾明一郎社長は「商業ビルを建設すれば、十分に見合う。現在、容積率などからビルの具体的な形を模索しているところ」と元気な名古屋の経済力に期待している。
                --引用ここまで--

路線価の2倍の金額で落札するなど、すぐにでも工事が始まるような感じの記事だったのですが、現在のようすはこんなです。

050818-2.jpg

ビルが建設中かと思ったら、なぜか駐車場になっていました。
もしかして、具体的なプランがまとまっていないのでしょうか?
まさか、コインパーキングを作るために15億円の大金を使って落札したわけではないですよね?

関連リンク
建設予定地の地図はこちら(マピオンの地図にリンク)
落札した外資系企業、イータイムステクノロジーズ

投稿者 ミカエル・カプラノフ : August 18, 2005 12:21 AM

コメント