« 「イオン千種ショッピングセンター」プレオープン | メイン | うっひょー!! ドン小西が大学の先生だった »

May 23, 2005

無印良品のデザイン

無印良品のデザインはなぜ保護されなかったか? 日経デザイン

良品計画と製造メーカーであるリスが、類似する収納ケースを製造・販売している伸和に対し収納ケースの製造販売の中止と損害賠償を請求したが、控訴を棄却されました。

詳しい内容は、最高裁判所知的財産権判決速報 H17. 1.31 東京高裁 平成16(ネ)4018 不正競争 民事訴訟事件

判決文を読むと、難解な日本語で書かれていて読むのが大変ですが読んでみました。
「原告商品が,他の商品と識別し得る独特の特徴的な形態を持つということはできない。」
これが、否決された理由のようです。

無印良品の収納用品の良いところは、シンプルモダン、収納ケースなどのデザインに統一感がある事だと思うんです。

半透明の材質を多くの商品に使用したことが、無印良品の独自性なのです。
いろいろな大きさの収納ケースのデザイン、材質に統一感があり組み合わせて使えるところが無印良品の特徴的なところだと思うのですが。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : May 23, 2005 11:59 PM

コメント