« 名古屋まつり | メイン | 続 AGFA »

May 29, 2005

AGFA 破綻

ドイツの写真フィルムメーカーAGFA(アグフア)が破綻してしまいました。
アグフアといえば、蜷川実花も使っていると言われているフィルムメーカーですがこれからどうなってしまうのでしょうか?

富士フィルムが運営しているウェブサイト、マカロニアンモナイトでフォトエッセイ(現在休止中)を連載していたくらいだから、AGFAだけを使って作品造りをしていたわけではないようです。蜷川実花の写真展の半券(mika over the rainbow)を見てみると、協賛日本ヒューレットパッカード、富士写真フィルム株式会社、富士写真フィルムイメージテック株式会社となっていますが、フジフィルムをつかってもちゃんとニナミカの写真になっています。
マカロニアンモナイト 蜷川実花 Indexページ

AGFA-1.jpg

家の冷蔵庫に保管していたアグフアフィルムを写真で撮ってみました。
LOMO使いの間で評判の良いVIATA100は消えてしまうのでしょうか?

AGFA-2.jpg

国内フィルムメーカーと違い、黒いフィルムケースを採用していたところがちょっとしゃれた感じがしてよかった。

アグフアのウルトラ100をメインフィルムとして使っていたのでなくなってしまうと非常に困ってしまいます。
安いフィルムではないのですが、他のフィルムと違い赤い色のものを撮影するとかなりインチキくさい色が出たりするので好んで使っていました。
アグファ・フォトは、アグファ・ゲバルト社から分離されてから日本語のウェブサイトもなくなってしまったのでこれからどうなってしまうのか分かりません。

イルフォードのように経営破綻後、事業縮小してでも販売継続してほしいです。ウルトラ100、VISTAシリーズだけでも販売してほしいものです。(本当は、ウルトラ50復活希望 !!)

明日、名駅のビックに行ってウルトラ100を確保しに行こうと思います。売り切れていないといいけど・・・。

ニュースリンク
写真フィルムの独アグファ、破産手続き申請 日経新聞
『アグフア』破たん 東京新聞

日経の記事では、「アグファ」になっていますが、「アグフア」のほうが正しいようです。
アグフア・フォトとして分離される前の輸入販売元の社名は、日本アグフア・ゲバルト株式会社となっているので「アグフア」と読むようです。


投稿者 ミカエル・カプラノフ : May 29, 2005 11:02 PM

コメント