« デサント広告宣伝キャラクターに安藤美姫を起用 | メイン | マルイ、名古屋にそろそろくるか ? »

May 15, 2005

低価格SPAブランドをウォッチ-PART2

ZARA

zara.jpg

ZARAはラ・コルーニャの街で最初のショップをスタートし、日本ではスペインのインディテクス社とBIGIグループとの合弁会社として、1997年8月に設立。翌98年8月の渋谷店オープン。
BIGIグループ、ZARA紹介ページ

地図の赤くなっているところがZARAです。ラシックの向かいと覚えておけば迷うことはないでしょう。
地図はかなり適当に書いたので、実際はあんなに大きくないです。

ZARA名古屋店の住所は、中区栄3-7-20
1F レディス 2F メンズ、キッズ

map.gif

無印良品、ユニクロをカジュアルとすると、ZARAは俗に言う「キレイメ」な感じかな?
店員さんも、女性は黒のスーツ(デパートの美容部員さんみたいな感じ)を着た人もいて、店内も落ち着いたイメージです。無印などの落ち着いた色づかいより、もっと明るい感じの物を探したいときにはZARAはオススメです。来店客の年齢層も、パッセや丸栄のヤングレディスショップよりも高めかな。

ヨーロッパのブランドなので、結構大きいサイズもあります。
ヨーロッパの値札の上に日本の価格シールが張ってあるだけなので、シールをはがすと現地価格がわかってしまいますが、気になる人は剥がさないほうがいいでしょう。輸入商品ですから、日本価格のほうが高いのはしょうがないですが、今はさらにユーロ高ですから・・・。

レディスフロアは、結構混んでいますがメンズフロアは平日などはお客さんが誰もいない時間もあるので、メンズは認知度が低いですね。同じ大津通沿いにあるGAPとはかなり差があるように感じます。
アパレル関係のお店でよくありがちな過剰な接客攻撃もないので、ゆったり選ぶことが出来るのもいいですね。

日本法人名はザラ・ジャパンですが、正式なブランド名は「サラ」です。
ZARAを日本では、ザラと読むのが一般的なので日本では「ザラ」にしたみたいです。

投稿者 ミカエル・カプラノフ : May 15, 2005 02:05 AM

コメント

インディテックスはいよいよ日本にもマッシモ・ドゥッティも導入するようです。
名古屋にもくるかな。

ハイファッション含め外資大手SPAにとって最も魅力的なマーケットは間違いなく名古屋でしょう。
ブランドイメージ上東京を優先しますが、売上という意味では、名古屋です。
それも大津通りをいかに押さえるか。

各社日本戦略が活発化してきました。
圧倒的世界1位のギャップはあっという間に、全国販売網を築き、いまやバナリパに移ろうとしてます。
同5位の英ネクストはゼビオと提携してますね。

同2位のリミテッド、3位のH&Mはなぜ進出しないのか。
知名度がないことで慎重になってるのかもしれませんし、まだ極東まで手が回らないのかも。
そういう意味では、全く知られてなかったザラ(サーラ)の行方は興味深いだろうと思います。

同6位、日本代表のユニクロの海外進出は簡単ではないようですが、
そこは柳井さん、きっと何か突破口を見出すのでは・・

投稿者 トム・フォード : January 29, 2006 11:59 AM

こんにちは。
リミテッド・ブランズの「ビクトリアズ・シークレット」が進出してきたら面白そうですね。
「PJ」が成功していることを考えると、デザイン的にも日本でうけそうな感じですからね。

ユニクロは、6位なんですか。
すごいですね。
「ポロ・ラルフローレン」や「ベネトン」よりも売り上げが多いんですよね。

投稿者 ミカエル : January 29, 2006 12:35 PM

確かにヴィクトリアズ・シークレットは日本で売れそうですね。
アメリカでは誰もが買ってるといっても過言ではないと思います。

PJは日本進出にあたって、日本向けにパターンを変えているのでしょうか。
なんとなく下着(特にブラ)はアメリカ女性と日本女性では
相当な差があるように思います。
下着という性質上単純に進出できないような
事情があるのかな、と推測しましたが・・。

余談ですが、
1位のGAPは日本円にして世界1兆8000億円の売上があります。
リミテッドはほぼ1兆円。
4位のインディテックスは8000億。
ユニクロは4000億弱です。
ラルフはユニクロと同じくらいのはずです。
アバクロ、ベネトンはまだ2000億強くらいだったかと思います。
こうしてみると、ほぼ日本国内だけで4000億もかせぐユニクロは驚異的ですね。

投稿者 トム・フォード : January 29, 2006 06:30 PM

4000億ですか、すごいですね。
ユニクロも、今流行のM&Aで拡大していくのでしょうか。
消費者からすると、どんどんいろんなものを見せてくれると、うれしいですけどね。

投稿者 ミカエル : January 30, 2006 12:30 AM